四日市市水沢地区 公式サイト

HOME > 観光情報「観る」 > もみじ谷

もみじ谷

春には新芽の緑が美しく、秋には赤や黄色に織りなす色鮮やかな紅葉の木々は、訪れる人の目も心も和ませてくれます。この景色を愛でた歌碑が建立されているように、多くの詩歌に詠われ、今ではカメラの被写体として人々が楽しんでいます。江戸時代、菰野藩主土方公は、元禄年間から紅葉狩りをはじめ、九代藩主土方義苗が、文化6年(1809年)に「もみじ谷」と命名し、樹木保護に尽力した。その後、地元の人々の努力により、現在の景勝地となっています。

もみじ谷 もみじ谷

アクセスマップ