四日市市水沢地区 公式サイト

HOME > 観光情報「史跡・名所」 > 寺里神明社跡

寺里神明社跡

応永28年(1421年)光明寺の守護神として山之坊に寺里五座(八王子社、加茂社、本社神明宮、天白社、土御前社)が鎮座しました。明治43年(1910年)には足見田神社に 合祀され、山之坊の旧跡は、いつの間にか崩れ、往時を偲ぶものは数少なくなっていますが、一対の席灯篭と石段があります。

寺里神明社跡

アクセスマップ